検索
  • sakisoundworks

防湿庫の修理

マイクとカメラが入っている防湿庫が壊れたので修理。

40〜50%であるべき湿度が、気づいたら60%に。


部屋と変わらない湿度なので、故障確定。

機種は東洋のオートドライ。


当然仕組みなんて分からないけど、いつも通り、とりあえず分解。


ユニット内部にヒーターと、除湿剤、センサー、シャッターを確認。


バネが1つ外れていたので、これが原因でシャッターが動作しない…と。


までは分かったのだけど、シャッターはシーソーになっていて、バネが二本付いているだけ。

こんなものが何故、空いたり閉じたりするのか。全然分からなくて断念。


考えながらガスストーブを付けたところで閃きました。

試しにバネを熱したら一気に縮んだ。

片方のバネがヒーターの熱で変形する形状記憶になっていました。なるほど。


外れないようにバネを固定して、組み付けたので、只今チェック中。


ヒーターが動作時に放出側には開いたので、あとは冷えた時にちゃんと閉じれば成功です。

355回の閲覧